新車ディーラーの利益のもと

お客様にお願いです。

メーカーオプションと販売店オプション両方ある場合には、是非とも販売店オプションをつけてください。

とお願いしたところで、なんとなくメーカーオプションの方が長持ちしそうだし、なんといっても響きが良いのでしょうね。販売店の利益のもとになる販売店オプションをたくさんつけてくれるお客様は、最近本当に少ないです。

車両本体価格からいくら値引くのか?

オプションからいくら値引くのか?

ある意味誠意を見せろということなのでしょうが、値引き額がどんどん増えていくとなんだか買ってもらわない方が良いような気さえしてきてしまいます。まぁ、時代なのでしょうが、セールスマンが泣いて喜ぶような契約をしてくださる神様のようなお客様は、最近滅多にいらっしゃいません。

ディーラーオプションから値引くとちょっとやっていけません。このままの給与体系が続いてしまったりすると車の営業マンはヨレヨレの汚い薄汚い作業服でセールスしなくてはなりません。これも時代なのかもしれませんが、メカニックから営業になった男が社内で業績を上げてしまうケースがあとを経ちません。

メカに強くあまり喋らない男というのは、逆に信頼を得やすかったりするみたいです。結局は、会社の利益や自分の成績を気にしている社員ほど歩合部分が少なくなっていく現実を見れば、お客様の方をみて、お客様の利益を考えるのが会社のためになると思うんですよね。

上層部は、何を考えているんだろう?

それって間違っているんじゃないの?

そんなことだらけです。

オプション品は、全く付けずにしっかり利益を出すクルマ作りをしていきたいと思います。まるでメーカーの人みたいですね。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ