車の下取りについて

車の下取りは実は、自動車ディーラーの利益のもとでした。
かなり頑張って下取り価格を出すとお客様にはかなり喜ばれたのです。

メーカー系ディーラーでは当たり前のことだと思いますが、
結局は、メーカーの言うことは絶対です。
販売開始された新車の値引き額というのは、
徹底的に管理されているのです。

ディーラーで新車購入の際、セールスマンが自分で決済できる値引き額の上限は
本当に小さいのです。

上司に聞いて値引きを引き上げてもらう際には
確実にその金額で売れるのかどうか念を押されてしまいます。
自分の立場で精一杯安くしたあとで、キャンセルになったりすると
それはもう営業所での立場が悪くなってしまうのです。

ですから、下取り価格での調整という手段しかないのですね。
でも、最近は通用しなくなってきています。
なぜってお客様の方がずっとよくご存知だからです。

下取り価格は、中古車市場でのその車の価格を全くおう呂していないため
実際には、下取りに出さずに中古車店などに売ったほうがお得だからです。

個人が車屋に車を高く売る方法とかいうのがネット上にはたくさんありますね。
ただ単に直接的な利益を得るよりも、今後はお客様に
こういう情報を積極的にお知らせする方が結局は信頼を得られるのかもしれません。

何でもかんでも売上に結びつけようとすると
結局、大切なお客様を失ってしまうようです。
オイルのボトルキープとかもそういったことの一つですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ