ディーラーの意地悪

新車のディーラーでどこでもやっていることと
一部の店舗でやっていることがあります。

今日は、一部の店舗がやっているえげつないことを
ご紹介しようと思います。

法的には全く問題ないのかもしれませんが、
新車のディーラーとしては、メーカーと顧客を
いっぺんに敵に回すようなことです。

それはタイヤにまつわることなのです。

厳しいお客さんは、値引きに関してとてもシビアです。
でも、あんまり値引きにこだわると実は損してしまう場合があります。

値引きをするのは良いのですが、値引気に夢中な方は、
実は細かいこだわりにかけます。

はじめから車についているタイヤのグレードを知っている人は
結構少ないのです。

で、悪いディーラははじめから付いているタイヤを
ネットで売ったりしています。

安いものに付け替えることで利ざやを稼ぐのですね。

そればかりではなく平気で自分の車と部品を入れ替えたりするケースもあります。
これなどは完全に犯罪と言えると思うのですが、結構日常的に行っている会社が
あるのはあまり知られていないかもしれません。

どうも調子が悪い。
気がついて調べたとしても修理に持って行くのが購入したディーラーだと
不正の証拠は葬り去られてしまいます。

ガソリン満タンも怪しいものですね。
悪い営業マンなどは、平気で灯油をたしたりするみたいです。
まぁ、最近はそんな面倒なことをするほど灯油も安くないのですが、
悪い営業マンにあたるとなんでもありなのが現実です。

どこのディーラーでもやっているというわけではありませんが
とりわけメカニックの程度が悪いあの会社では、
こういう不心得ものがたくさんいるみたいですね。

まぁ、私は、そのメーカーの車に乗っている人の気がしれません。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ